Submit a ticket My Tickets
ようこそ
ログイン  登録

なぜ夜間睡眠中の呼吸速度を測定することが重要なのか?

成人の通常呼吸速度は1分あたり12〜20呼吸ですが、夜間の呼吸数は通常より低めであると考えられます。

健康でリラックスした成人の場合、呼吸は穏やかで、睡眠中ずっと一貫しているはずです。

レム睡眠中 夢を見ているとき(特に強烈な夢を見ている場合)、呼吸数が増加する可能性がありますが、ノンレム睡眠に切り替えるとゆっくりとしたパターンに戻るはずです。

ただし、一晩中、そして幾晩にわたって、呼吸数は比較的安定しているはずです。


では、どういう理由で呼吸速度が変化するのでしょうか?

夜間睡眠中の呼吸速度の変化は、以下の原因の可能性があります。

  • ホルモン:呼吸数の動きは月経周期と相関しているため、女性の呼吸数は変化しやすいです。 通常、呼吸はサイクルの開始時に遅くなり、終了に向かって速くなります。
  • ストレスまたは不安感:急速で不規則な呼吸パターンは、不安の増加と関連しています。
  • 激しい運動:激しい運動の後、呼吸数が数時間高いままになることがあります。


注意点


安静時の心拍数は日によっては、理由なく変化する可能性がありますが、呼吸数は通常はあまり変化しないため、数値が読みやすく信頼度が高いです。

呼吸速度は未検出の病気の兆候を示している可能性があるため、夜間睡眠中の呼吸数を観察して病気の初期段階を検出できます。

病気の場合、呼吸数が通常より高くなることがあります。 さらに、症状が治まった後もしばらくは比較的高い状態が続くことがあります。これは、体がまだ回復していることを示しています。

睡眠中の呼吸数が低くいのも、必ずしも理想的とは限りません。 (上記のような)症状と組み合わせると、心臓の電気システムに問題があることを示している可能性があります。 心配な場合は、これらの変化について医師と話し合ってください。


この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。